歯の寿命と身体の寿命の関係

あけましておめでとうございます。院長の澤です。

お正月休みも終わり、 すでに学校やお仕事といった 日常生活に戻りはじめた方も多いかと思いますが たくさん休んで、たくさん食べ、 元気になった体で この一年を健康に過ごしましょう!

さて、そんなお正月といえば、 皆さんのご家庭で「おせち料理」はご用意されましたか?

おせち料理に使われる食材には、 それぞれに「おめでたい意味」や、 「縁起をかついだ長寿の願い」などが込められており、 昔から多くの人々が 健康に長生きできるように願っていた というのがよくわかりますね。

ところで、 そんな「身体の寿命」とは別に、 「歯」には「歯の寿命」がある というのはご存じでしょうか。

実は、私たち人間は 80歳を迎えるまで たくさんの歯を失ってしまうため、 生涯自分の歯だけで食事を楽しめる人は ごくわずかなのです。

そこで今回は、 そんな「歯の寿命」と、 それを延ばすための方法について ご紹介させていただきます。

◆歯を○○歳まで長生きさせよう!

歯の寿命は人間の寿命よりも短く、 皆さんの年齢や健康状態に関わらず 歯が抜け始めてしまう可能性はゼロではありません。

しかも、歯の本数が減ってしまうと、 日々の食生活はもちろん、 コミュニケーションや 運動能力にも影響が及ぶなど、 身体にも様々な悪影響があらわれはじめます。

つまり、 歯の有無は全身の健康に関係するため、

皆さんの健康・寿命 歯の健康・寿命 異なるようで密接な繋がりがある ということなのです。

このことから、 厚生労働省と日本歯科医師会は とある目標を提唱しています。

ずばり、その目標とは 80歳まで20本の歯を残すこと =8020(ハチマルニイマル)運動です!

◆「歯」が減れば「食べられるもの」も減る

私たちは日頃、 お肉やお餅のように歯ごたえのあるものや、 おせんべいのような硬いものなど、

実に様々な食べ物を口にします。

しかし、歯の本数が減ってしまうと それらをうまく噛み砕けなくなってしまうため、 食べものが喉に詰まる原因になることも。

そう、これまで 「おいしく食べられた料理」が一転して、 「命を脅かす危険な食べもの」 変わってしまうのです。

◆豊かな人生は健康なお口から

日本人の平均寿命は 男女ともに80歳を超えるようになり、 これからも延び続けることが予想されています。

しかし、せっかく寿命が延びても、 その時間を豊かに過ごせなくては もったいないと思いませんか?

つまり、身体だけではなく 歯をより多く残し、 お口の健康を保つことが 重要になってきます。

それには歯の喪失の原因… 「むし歯」「歯周病」などの 予防・早期発見・早期治療 必要不可欠です。

特に歯周病は、 別名「沈黙の病」と呼ばれるほど、 自覚症状の乏しい病気。

気づいた頃には重症化していることも 少なくありません。

そのためにも定期検診は欠かさずに、 何か気になることがあれば すぐに相談するようにしましょう。

皆さまの歯と健康を守るために、 常に最善の診療を心がけて参りますので

2022年もどうぞよろしくお願いいたします!